Works


[List] [Archive]

About Aleister Crowley, アレイスター・クロウリーについて

実践セレマ: 日拝

From Liber Resh vel Helios, Aleister Crowly


日の出の礼拝:


磔のオシリス、十字のサイン

なんじをあがめん、
なんじラーよ、のぼりくる
なんじラーよ、そのたくましき!
なんじのふねにてそらをわたりて
いまのぼりゆくあさひなりけり
へさきにタヒュティどうどうと
かじとるラ・ホールたんたんと
なんじをあがめん、よるのふちより

Hail unto Thee
who art Ra in Thy rising,
even unto Thee who art Ra in Thy strength,
who travellest over the Heavens in Thy bark
at the Uprising of the Sun.
Tahuti standeth in His splendour at the prow,
and Ra-Hoor abideth at the helm.
Hail unto Thee from the Abodes of Night!


正午の礼拝:


火のサイン

なんじをあがめん、
おおアハトールよ、かちほこる
おおアハトールよ、そのうつくしき!
なんじのふねにてそらをわたりて
いまこそてんのまなかにあり
へさきにタヒュティどうどうと
かじとるラ・ホールたんたんと
なんじをあがめん、あさのふちより

Hail unto Thee
who art Ahathoor in Thy triumphing,
even unto Thee who art Ahathoor in Thy beauty,
who travellest over the heavens in thy bark
at the Mid-course of the Sun.
Tahuti standeth in His splendour at the prow,
and Ra-Hoor abideth at the helm.
Hail unto Thee from the Abodes of Morning!


日没の礼拝:


シューのサイン

なんじをあがめん、
なんじトゥムよ、しずみゆく
なんじトゥムよ、そのよろこびに!
なんじのふねにてそらをわたりて
いまたそがれのゆうひなりけり
へさきにタヒュティどうどうと
かじとるラ・ホールたんたんと
なんじをあがめん、ひるのふちより

Hail unto Thee
who art Tum in Thy setting,
even unto Thee who art Tum in Thy joy,
who travellest over the Heavens in Thy bark
at the Down-going of the Sun.
Tahuti standeth in His splendour at the prow,
and Ra-Hoor abideth at the helm.
Hail unto Thee from the Abodes of Day!


真夜中の礼拝:


水のサイン

なんじをあがめん、
なんじケフラよ、かくれたる
なんじケフラよ、そのちんもくに!
なんじのふねにてそらをわたりて
いまこそよるのまなかにあり
へさきにタヒュティどうどうと
かじとるラ・ホールたんたんと
なんじをあがめん、よいのふちより

Hail unto thee
who art Khephra in Thy hiding,
even unto Thee who art Khephra in Thy silence,
who travellest over the heavens in Thy bark
at the Midnight Hour of the Sun.
Tahuti standeth in His splendour at the prow,
and Ra-Hoor abideth at the helm.
Hail unto Thee from the Abodes of Evening.


(各礼拝に続き以下を唱える)


沈黙のサイン



復活するオシリス、ペンタグラムのサイン

われ、なんじをたたえん:

われこそテーベのあるじなり。
ふしぎなこころさずかりし、
メントゥのかたりて4ばんて
そらのおおいをとりはらい、
まことのことばにみずからしぬる、
アンク・アフ・ナ・コンスなり
われはなんじをしょうかんす、
われはなんじにけいれいす
おお、おんみラ・ホール・クイト!

いちなるきわみ、かくあれかし
なんじのいきのちからづよさよ
たかみにありておそろしきかみ
なんじはかみとしをつくり
なんじのみまえにひれふせさせる
われは、われはなんじをしょうさんす

ラーのぎょくざにあらわれよ!
クーのゆくみちきりひらけ!
カーのゆくみちてらしだせ!
クハブスのみちどこまでも!
われをかりたて、あるいはとどめ
アウム!
われをみたせ!あるいはころせ!

ひかりはわれのものなりて
こうせんわれをやきつくす
ラー、トゥム、ケフラとアハトール
そのみやみやにつうじんと、
われはつくりし、ひみつのとびら
われはなんじのテーベのたみ
おおメントゥよ、なんじのよげんしゃ
アンク・アフ・ナ・コンスなり!

ベス・ナ・マウトにむねをうち(胸を一打)
タ・ネクのちえにてじゅもんをつづる
ヌイトよ、ほしぼしきらめいて
ハディート、はばたくひかりのへびよ
われはなんじのみやづかい
ラ・ホール・クイトよ、われとあれかし

I adore thee in the song --

I am the Lord of Thebes, and I
The inspired forth-speaker of Mentu;
For me unveils the veiled sky,
The self-slain Ankh-af-na-khonsu
Whose words are truth. I invoke, I greet
Thy presence, O Ra-Hoor-Khuit!

Unity uttermost showed!
I adore the might of Thy breath,
Supreme and terrible God,
Who makest the gods and death
To tremble before Thee: --
I, I adore thee!

Appear on the throne of Ra!
Open the ways of the Khu!
Lighten the ways of the Ka!
The ways of the Khabs run through
To stir me or still me!
Aum!
Let it fill me! (or: Let it kill me!)

The light is mine; its rays consume
Me: I have made a secret door
Into the House of Ra and Tum,
Of Khephra and of Ahathoor.
I am thy Theban, O Mentu,
The prophet Ankh-af-na-khonsu!

By Bes-na-Maut my breast I beat;
By wise Ta-Nech I weave my spell.
Show thy star-splendour, O Nuit!
Bid me within thine House to dwell,
O winged snake of light, Hadit!
Abide with me, Ra-Hoor-Khuit!


沈黙のサイン




原典:
Liber Resh vel Helios, A. Crowley [LINK]
Liber AL vel Legis, A. Crowley [LINK]


 

[第1章][第2章][第3章][補記][付録:日拝][付録: 食前問答]

 

 

 

[List] [Archive]