Works


[List] [Archive]

About Aleister Crowley, アレイスター・クロウリーについて

ほうのしょ

Liber AL vel LEGIS (Colloquial Translation) [2012]



2012年新訳「ほうのしょ」について

バンギ・アブドゥル

Note by Bangi Vanz Abdul

 

 1904年、エジプトはカイロにてアレイスター・クロウリーが受信した霊界文書「法の書」は、新時代の霊智を高らかに宣言!するというふれこみながらも、極めて難解晦渋・不穏なメッセージで埋め尽くされており、一部の物好き以外にとっては新時代の霊智どころかヤク中エロオヤジが受信した毒電波記録、的な評価に甘んじるほかなかったわけです。ところがどっこい、クロウリーはヤク中でもあり魔術師でもありましたが、スィンバーンを敬愛しボードレールを翻訳紹介したまっとうな「詩人」でもあったわけです。「法の書」翻訳にはいくつかのバージョンがありますが、どれもこの「ポエジー」をつたえることに成功した訳はかつてなかったといえます。


 今回、法の書が授けられた「聖なる3日間」の朗読会にあたって、まったく新しい訳、「法の書」がたたえる芳醇なエロスとポエジー、美しい風景を味わっていただける新訳を用意しました。題して「こども・ほうのしょ」。小学5年生の聖子ちゃんと雄大くん、そして小学2年生の樹くんによるちびっこ口語訳で、この「20世紀最大の寄書」にエンコードされたうっとりするような不思議な風景を楽しんでいただければと思います

 なぜちびっこ訳なのかって?それを説明すると長くなるのではしょっていいますと、クロウリーが予言した霊的新時代、すなわち「ホルスの時代」とは、先行する「イシス(母)の時代」「オシリス(父)の時代」から導かれる「こどもの時代」として位置づけられる、のであります。そこではこどものような無邪気さ、活発さ、残酷さによって彩られた新たな人間霊性による、全く新しい文明のステージが用意されているのです(少なくとも、クロウリーはそう信じたのです)。ですから、輝かしき「ホルス(こども)の時代」を宣言する最重要文書である「法の書」が、「ほうのしょ」として、こどもたちによるこどもたちへの語りかけとして表現されるということは、理にかなったことなのです。エヘン。

 まー難しいことはおいといて、この古くて新しい「ほうのしょ」の世界に、ただ聴きいってみましょう。第1章の、天空の女神ヌイトが語りかける官能的な砂漠の夜、第2章で、秘密の太陽ハディートが伝えるひみつのおしえ、そして第3章で「闘いと復讐のわらべ神」ラ・ホール・クイトが語る血に染まった霊的新時代の予言…

きれいで、こわくて、ちょっぴりエッチな、砂漠の夜のファンタジーに、ご一緒しましょう…!

アブラハダブラ!

 


2012 朗読会(音声データ) Recital :

第一章:朗読・谷崎榴美 https://soundcloud.com/bangi23/hou-no-sho-liber-al-ch1
第二章:朗読・バンギ・アブドゥル https://soundcloud.com/bangi23/hou-no-sho-liber-al-ch2
第三章:朗読・マナイ https://soundcloud.com/bangi23/chfuzy0oktti


2016 Remix :

Liber AL vel LEGIS (The Book of the Law) Ch2 BVA, Herbal Spindle (Japan)2016
Liber AL vel LEGIS (The Book of the Law) Ch3 Manai, kev7bx (Norway)2016

 

初出:月刊23曜日blog (2011年12月25日)

子どものための法の書
http://23youbi.seesaa.net/article/242582124.html

 

[第1章][第2章][第3章][補記]

 

 

 

[List] [Archive]